WEBサイト運用

WEBサイトの公開後の運用をサポート。
運用計画にもとづく継続的な改善により、WEBサイトの価値を最大化します。

WEBサイトは公開してからが本当のスタートです。公開後の運用により効果が大きく変わります。ニュースやお知らせなどの更新はもちろんのこと、継続的・計画的に情報を発信することで顧客との接点を増やし、強化していく必要があります。

また、BtoCとBtoBでは、顧客属性が異なるため、サイトの活用法、運用方法が異なります。

こうした違いを理解したうえで、WEBサイトの現状とあるべき姿のギャップを把握し、継続的に改善を行うプロセスの構築と実行をサポートします。

WEBサイトの活用や運用に関する悩み・課題

  • WEBサイト・ホームページの活用法がわからない
  • WEBサイトを作ったけれど、公開後にうまく活用できていない
  • 運用が大切と言われるけれど、何をどうしていいかわからない
  • リアルな活動と連携した計画的なWEBサイトの運用ができていない
  • 専任の担当がいないので細かいところまで手が回らない
  • WEBマーケティングにどう取り組んでいいかわからない
  • 自社サイトが現状どのような状態にあるのか、どんな課題があるのかが把握できていない
  • スタッフの退職などで運用が滞っている
  • BtoCもしくはBtoBのサイトの活用法、運用法の違いをもとにした運用ができていない

運用計画の作成

サイト公開前の戦略や仮説を検証し、継続的な改善を行うための運用計画を作成します。また、事業計画やプロモーション計画と連動したコンテンツの追加や更新などのスケジュールを明らかにしリソースの配分を行うなど、運用プロセスの設計も行います。

アクセスログ解析

アクセスログの解析によりサイトの現状とあるべき姿とのギャップを測定し、改善のためのアクションプランを検討します。仮説をもとに改善施策を実行、その結果を検証し、次の改善施策へとつなげるための材料の一つとなるのがアクセスログ解析です。

コンテンツ制作

WEBサイトの公開後も継続的に情報を発信し、マーケットとの接点を増やしながら強化していく必要があります。現状を維持することは相対的な後退を意味します。現状分析をもとに必要となるコンテンツを洗い出し、企画からデザイン、実装までを行います。

広告出稿代行・管理

SEOによる集客と合わせて広告による集客を実施する場合のサポート。自社の顧客がどのようなメディアを使って情報を探しているのかによって、広告の出稿対象は異なります。広告を出すメディアの選定から出稿、管理までサポートいたします。

運用・更新マニュアルの作成

運用や更新業務を属人化しないためのプロセスを構築します。WordPressなどのCMSを導入した際のコンテンツの更新や追加などの手順をマニュアル化し、誰でも同じように更新を行える状態を作ります。

更新業務

ニュースやお知らせの更新、ファイルのアップロードなどの運用業務対応の他、運用・更新マニュアルの更新などを行います。運用計画で定義された定期更新や随時更新などを滞りなく遂行します。

WEBサイトの保守・管理

WEBサイトの運用業務がソフトウェアのように捉えるなら、WEBサイトの保守・管理はハードウェアと捉えることができます。

サーバーやドメインの保守やWordPressやプラグインのバージョン管理などについては、下記サービスをご覧ください。

WEBサイト保守・管理