【初級編】WEB集客を成功させるために押さえるべき10のポイント

ノート

WEB集客といえば、SEO対策や広告、SNSの活用などがありますが、それら一つ一つは集客の手法にすぎません。これらの手法を使ってWEB集客をするには、手法以前に押さえておくべきポイントがあります。

今回は初級編として、最低限抑えておくべき10のポイントをまとめました。

できていること、できていないこと、わかっていること、わからないことなどの整理にお役立てください。

WEB集客で押さえるべき10ポイント

  1. ターゲットユーザを決める
  2. ユーザの悩み、お困りごとを理解する
  3. 自社の商品やサービスがユーザの悩みやお困りごとに対してどのように役に立てるのかを考える
  4. あなたの会社に依頼し、商品やサービスを購入する理由を考える
  5. 競合他社・競合サービスを理解する
  6. ターゲットユーザが好むデザインにする
  7. WEBサイトのデータを軽くする・表示スピードを速くする
  8. 1件あたりの顧客の獲得単価を設定する
  9. リピートしてもらう方法を考える
  10. WEBサイトの現状、集客の現状を把握し、改善する仕組みをつくる

ひとつひとつは当たり前のことばかりのように思えますが、チェックしてみると、やっているつもりだったけれど実はできていなかったり、曖昧なものや勘違いをしているものもあったりもします。それらを丁寧につぶしていくことがWEB集客の改善の近道です。

ポイントを押さえないまま、SEO対策のためにコラムを書いたり、広告を出したり、SNSに投稿をしても期待するような効果は得られません。

WEB集客を成功させるためには

WEB集客を成功させるためには、「1. ターゲットを決める」ことが特に大切です。ここがブレてしまうとそのあとの施策も大きくブレてしまいます。

また「10. WEBサイトの現状、集客の現状を把握し、改善する仕組みをつくる」ことで、今やっていることが正しい方向に向かっているかをチェックすることをチェックして、ブレを修正しながら進めていくことができます。

やりっぱなしではなく、改善ポイントを見つけて適宜手を入れていくことで、WEB集客を成功へと導きましょう。

投稿者プロフィール

橋本敬(はしもとたかし)
プロデューサー・クリエイティブディレクター。早稲田大学政治経済学部卒業。リクルートグループ、オン・ザ・エッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイ・スタジオを経て独立、株式会社ブリッジを設立。WEBサイトの制作・構築から集客・販促などの活用コンサルティングまで中小企業のWEBサイトの活用をサポートしている。