WEBサイトの設計

ウェブ集客というとSEOや広告を駆使していかにして見込み客を集めるか、というところに焦点がいきがちです。

当たり前のことですが、WEBサイトはアクセスがなければ何も起こりません。

でも、ただただアクセス集めただけでも何も起きません。

ウェブ集客で大切なのは、入り口から出口までの流れを考えることです。

入り口とは、サイトへの流入のことで、出口とは訪問者の何らかの行動です。入り口と出口をつなぐのが導線です。

導線設計とは、誰にどんな行動をとって欲しいのかを決めて、仮説をもとに道筋をつくることです。

入り口が機能するようになると、出口までうまく導けているかどうかを検証できるようになります。

広告を使えば、アクセスを集めること自体は全然難しいことではありません。むしろ的確に出口まで導く方が難易度は高いのです。

WEB集客は「集める」ことに焦点をあてるのではなく、入り口から出口までの流れとして捉えると、WEBサイトの改善に対する捉え方が変わります。

ブリッジではWEBサイトの活用に関するお役立ち情報を提供しています。ご興味のある方は下記のページよりダウンロードしてみてください。

お役立ち資料ダウンロードページ

今後も資料を適宜追加していく予定です。

投稿者プロフィール

橋本敬(はしもとたかし)
プロデューサー・クリエイティブディレクター。早稲田大学政治経済学部卒業。リクルートグループ、オン・ザ・エッヂ、ミツエーリンクス、博報堂アイ・スタジオを経て独立、株式会社ブリッジを設立。WEBサイトの制作・構築から集客・販促などの活用コンサルティングまで中小企業のWEBサイトの活用をサポートしている。